読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壁鉢巻ハッサム(チーム戦・TGAポケモンジム使用PT)

きゅんさん主催のチーム戦と、東大ゲーム研究会主催のTGAポケモンジムで使用したパーティー。鉢巻ハッサムと眼鏡ラティオスを攻撃の要とする壁パです。チーム戦は開催期間中ですが、予選敗退となったため公開します。

戦績は、チーム戦・TGAジム戦ともに2勝1敗。一応、勝ち越してはいますが、もっと試合数を重ねても安定して勝てるかと言うと怪しいところです。負けた試合は運ではなく選出・立ち回りの失態が原因である一方、勝った試合は運に助けられた部分も大きいので、PTの構成と使い方をもっと磨かないといけませんね。


構成の経緯

鉢巻ハッサムを使ってみたい、というのがそもそもの始まりです。剣舞ターンに殴られたり珠ダメージが入ったりするせいで行動回数が確保しづらいことが多かったため、それなら鉢巻でこだわって即座に殴れるようにしてはどうだろうかと考えました。計算してみると、相性の上では有利でも珠では耐えられていた相手を多数、確定・乱数圏内に収められ、先手を取れば半減相手にも十分戦えることが分かりました。

ハッサムを活かすパートナーには、相性補完に優れ追い風も覚えるラティを抜擢。最近、こだわりアタッカーと積み・サポート役を逆転させた構成をあれこれと考えていたので、その延長として、自然に決まりました。この枠はアスでもよかったのですが、火力が欲しかったのと、ハッサムの鉢巻同様「気づかれない」ことを重視したかったので、瞑想追い風型のラティオスとし、この2匹を核にPTを組み始めます。

ハッサムが比較的簡単に一撃で葬られやすく、またラティが瞑想する隙も作らなくてはいけないので、この2匹を活躍させるため壁でサポートすることにしました。ラティ自身に壁役を担わせるとサポートに特化しすぎて攻めの軸になり得ないため、壁を築くのは別のポケモンに任せます。今回採用したのは、壁パの定番ライコウです。ユクシークレセリア等でも可能ですが、それでは展開が遅くラティと弱点が被ってしまうことから、高速でより確実に壁を築けるライコウを選びました。

主軸の3匹で、不利に立たされ、かつメジャーな相手は何かと言えばドリュウズ、特に型破りでしょう。岩の通りがよいため型破りでないバンドリにも不利に立たされますし、壁なしでは雨グドラも厳しい相手です。そこで、それらに対して優位に立てるガッサで補完しました。壁を活かした積みアタッカーになれますし、ハッサムが虫食いでこだわった場合の先制攻撃役や対トリル役などもこなせます。気休め程度ですが、ライコウと並べた場合にこちらの壁を意識した相手の積み技を抑制する効果も期待しました。

しかし、ガッサが相手のトリルに対応できるとはいえ、1匹だけでは対抗手段として不十分です。また、飛・炎・氷耐性の低下も招いてしまっています。ということで、5匹目に投入するのはバンギラスです。飛行に対して圧倒的な強さを持ちながら炎を半減し、ノオーや大抵のめざ氷持ちにも有利。さらにトリル始動役に強く、トリルを許しても高速で攻撃が可能と言えば、かなり相性が良いことが分かります。壁を使う上で障害になる相手の代表格カイリューに強い点も魅力ですね。

最後の1匹はカイリキー・ハッサムヒードラン等を考え、ブルンゲルを入れることにしました。ここまでの5匹を見返せば分かるように、格闘・虫の通りがよく、ナット以外の鋼に対する有効打が少なくなっています。また、自分からトリル展開に持ち込むこともできません。これらの穴を埋める駒として機能し、同時にこだわりに対する対抗手段になり得る点も大きなメリットです。鋼がハッサムしかいないため特に壁がない状態では竜耐性が脆弱でしたが、ブルンゲルを加えたことで再生連打からチャンスを作れるようになりました。スカーフキッスのエアスラ連打でも崩れにくくなったと思います。

以上の経緯から6匹とその型が一旦決まりましたが、レートで試用した結果、ひとつ大きな変更を余儀なくされました。ラティオスの型です。〈鉢巻ハッサム+瞑想追い風ラティオス+壁ライコウ〉を主軸として組み始めたPTでしたが、壁と瞑想追い風を使うと試合の展開が遅くなってしまいます。さらに、ラティオスがせっかくの高速アタッカーなのに即座に火力を発揮できず、しかも壁に合わせた相手の積み技・身代わり等にも弱くなることから瞑想追い風の採用を断念。眼鏡型に変え、いわゆる〈ラティライコウ〉に鉢巻ハッサムを入れた形となりました。



個別解説

@こだわり鉢巻
145-200-121-x-100-117
虫食い/バレットパンチ/燕返し/電光石火

  • 虫食い
    • H207B131バンギ確1
    • H227B141クレセ乱1(76.56%)
    • H167B100ガッサ乱1(47.27%)
    • H181B162ナット、H185B81ドリ、H187B151グロス確2
    • H167B97ボルト乱2(76.65%)
  • バレットパンチ
    • H183B116ガブ乱2(92.45%)
  • 燕返し
    • H167B121ハッサム確2
    • H183B116ガブ乱2(90.39%)
  • A182キノガッサの剣舞マッパ+鮫肌耐え
  • A200ガブの地震+鮫肌2耐え(鮫肌ガブをバレット→地震→バレットで倒せる)

このPTのアイデンティティー。鉢巻の効果で虫食いバレットが驚異的な火力になり、壁剣舞よりも速い展開が可能です。CDSに割いた穏やかクレセ(舞珠逆鱗耐え)なら高確率で一撃。対ガブも、珠だと耐えられるバレット2発で落とせるようになりました。少しでもAを削るとこれらの確率が落ちるため、A198などの妥協はできません。S操作なしで、クレセリアバンギラススイクンなどに虫食いを先制で当てたいのでSも全振り。電光石火はトノグドラボルト相手に4匹目として選出したときに使うかもしれないと考えて採用しましたが、実際に撃った相手はウルガモスでした。ちなみに、ラティに追い風を仕込んでいたときは、身代わりを壊しながら殴れるダブルアタックにしていました。


@こだわり眼鏡
175-x-101-162-131-178
竜の波動/サイコキネシス/波乗り/トリック

  • A200ハッサムの剣舞バレット+天候ダメ耐え(93.75%)
  • C186霊ボルトのめざ氷2耐え(83.43%)
  • リフレクターで
    • A200ガブの逆鱗+天候ダメ耐え(93.75%)
    • A204鉢巻バンギの嚙み砕く+天候ダメ耐え(93.75%)
    • A200珠ハッサムの虫食い+天候ダメ耐え(93.75%)
  • 光の壁で
    • C161眼鏡グドラの竜星群耐え(94.37%)

ハッサムと並ぶ攻めの鍵です。通常の眼鏡ラティとは異なり、行動回数を確保するため耐久に割いています。グドラやアスとほぼ同じ水準までCが落ちたのが何となく気に入りませんが、耐久無振りだと高火力一致弱点技を食らった際、壁越しでも一撃で落とされる可能性が高いので仕方ありません。Cが低下したことと、壁越しの連打が攻撃の基本となることから竜星は不採用。代わりに積み技への対抗策としてトリックを入れました。波乗りはかなり撃つ頻度の高い技です。


@風船
167-x-97-164-120-183
10万ボルト/めざめるパワー氷/リフレクター/光の壁

  • A200ガブの逆鱗耐え(93.75%)
  • A200鉢巻ガブのダブチョ耐え(88.79%)

地面の通りがよいのでシュカや風船を警戒した動きをされるかと期待していましたが、レートで試した結果、誰もそんな素振りを見せませんでした。できれば粘土を持たせたかったのですが、無くても壁を活かした戦いはできるため、持ち物を変更。襷はバンギとの相性が悪く、シュカは地震に削られることに変わりないので、風船としました。スカーフ地震等に対して無償で壁を築ければ面白いかと思いましたが、チーム戦でもTGAジム戦でも粘土で問題ありませんでした。


@黒帯
167-187-101-x-86-97
マッハパンチ/種マシンガン/キノコの胞子/剣の舞

  • マッパでH185B81ドリ確1
  • 剣舞マッパでH181B162ナット確定
  • 種マシでH207B134ブルンゲル乱3(32.66%)
  • A200鉢巻ガブのダブチョ耐え(89.10%)
  • C161眼鏡グドラの雨ドロポン耐え(90.31%)

対雨および対砂(特にドリュウズ)がメイン。配分と持ち物はこの役目に従って決まりました。必要な水準は、火力面がドリュウズ確1、耐久面がグドラの雨ドロポン耐え。強化アイテム無しだとドリュウズがマッパを耐えるため襷は不可。闘ジュエルは消費ターンに対面させる必要があることから不適。珠だとドロポンを耐えてもグドラを1回しか殴れず、砂嵐の際にはダメージが余計に蓄積するので、このPTとは相性が悪いと思います。Sはハッサムとの先制技の打ち合いと零度スイクンを意識した調整です。珠ハッサムでよくあるH169A200調整の場合Sは最大で94、また零度スイクンは4振りでS95なので、それらを抜けるようにしています。耐久に多めに振ってあるため、相手の展開が遅い場合、2回舞ってマッパだけで試合終了にもできます。


@黒い鉄球
207-204-131-115-120-57
噛み砕く/岩雪崩/大文字/投げつける

  • リフレクでA200ガッサのジュエルマッパ耐え(93.75%)
  • 光の壁でC161眼鏡グドラの雨ドロポン耐え(90.31%)

対天候とトリル時の要。ハッサムやガッサのSではトリルがつらいことも多いので、鉄球でSを最低値まで落としています。確実に天候を取れるようになるため、ライコウが襷持ちでなくてもトノグドラ相手に壁を築けるという利点も。壁ターンにカイリューに舞われてもジュエル逆鱗を受け止めて倒せるのも魅力ですね。光の壁と合わせると、驚異的な対特殊性能を発揮してくれます。大文字はナットレイを素早く処理するための技。鉄球でジャイロのダメージを軽減しつつ、他のポケモンの圏内まで一気に押し込めます。


@食べ残し
207-x-132-105-127-80
熱湯/シャドーボール/自己再生/トリックルーム

格闘・ハッサムの通りを悪くしたい、キッスの動きを封じたい、バンギをトリルで動かしたい、壁なしでも雨グドラを削りたい。以上の要請を満たす駒として採用しました。選出することは滅多にありませんが、出さなくてもライコウとともに相手のこだわり持ちの選出を抑制してくれるので、積み技に合わせた鉢巻眼鏡の攻撃やトリックの効果を発揮しやすくしてくれます。バンギラティライコウガッサと電気耐性が高い駒が揃っているので、ソクノは持たせず再生連打や壁と相性の良い食べ残しとしました。